販売会社で価格はどう違う?AED設置のための手引き書

ヘッダー画像

一般企業・店舗

このページでは一般企業や大型店舗、コンビニなどへのADE設置・導入事例をご紹介します。企業で導入すれば、企業イメージのアップにもつながります。

企業イメージのアップにもつながるAEDの導入

「人が多い」場所として、一般企業や店舗などにもAEDの導入は進んでいます。

一般企業の場合は、社員や来客者、関連業者の人たちを守るためにオフィスやロビーなどに設置されることが多いようですが、例えば建設会社の建設現場のように、オフィス以外の場所へも設置され、社員や職人の命を守っています。

ある大手電気メーカーでは全事業所に導入を進めて話題となりました。導入することで企業のコンプライアンス意識は向上し、企業イメージも上がるものと考えられます。厚生労働省のガイドラインも「50歳以上の社員が250名以上働く場所・施設」には、設置することが望ましいとしています。

一般企業で用いられるAEDとしては、メンテナンスが簡単で持ち運びができるタイプで以下の30万円前後のものが人気です。

自治体主導でコンビニにAEDを設置

店舗の場合は、コンビニチェーンやレストラン、パチンコ店、デパートといった比較的規模が大きく、一定数の人の出入りがある店舗への導入が年々増加しています。

例えば、大手量販店では全店舗・事業所に導入を進め、店員やスタッフに講習を行っているところもあります。

また、船橋市などではコンビニエンスストアにAEDを設置する「船橋まちなかAEDステーション事業」を展開しています。これは平成25年現在でおよそ200店舗にAEDを設置したものです。コンビニに設置することで救急隊が到着する前に、市民によって心臓蘇生の機会を拡大することが目的です。AEDは建物の中に設置されるものですが、コンビニは深夜も開いているという利点もあるため、船橋市以外でもコンビニ店への設置が呼びかけられています

店舗などで導入されている機種はさまざまですが、持ち運びができ、音声ガイダンスのついている30万円前後のものが人気です。

オフィスや店舗での救命事例

それでは、いくつか具体的な救命事例を見てみましょう。

  • 工場内で倒れた19歳の会社員を同僚がAEDで蘇生。会社員は退院する予定。
  • デパート前の路上で心筋梗塞を起こした人をデパート警備員がAEDと心臓マッサージで蘇生させた。倒れた人は回復して退院した。
  • パチンコ店で心肺停止となった人を市民がAEDで蘇生させ救助した。
  • 医療品メーカーで心肺停止となった社員を同僚がAEDと心臓マッサージで蘇生し、男性は一命をとりとめた。
  • 会社の会議室で倒れた社員を同僚がAEDで救命した。
  • 地下街で倒れた高齢者を通行人などがAEDや心臓マッサージで回復させた。

これらの事例で救命された人々は、後遺症も残らずに無事退院した人ばかりでした。

このサイトについて
AEDマーク

日本では、年間6万人もの方が病院外で心臓突然死に陥っています。救急車の平均到着時間は8分後。しかし、救命処置が1分遅れるごとに死亡率は10%も高くなってしまうのです。
このサイトは、命を救うAEDについて、価格をはじめ、販売会社や導入事例など、いま役に立つ情報をまとめました。

カテゴリー