販売会社で価格はどう違う?AED設置のための手引き書

ヘッダー画像

医療機関・歯科クリニック

このページでは診療所や歯科クリニックなど医療機関へのAED設置・導入事例を紹介します。

医療機関や歯科医のAED導入の現状

多くの人が訪れる場所である店舗などへのAED導入が進んでいますが、同様に病院などの医療機関も「人が多く集まる場所」としてAEDが設置されています。

歯科医ならともかく「医師が常駐している総合病院にAEDは必要ないのでは?」と考える方もいるかもしれません。確かに大きな病院では除細動器によって医師が電気的な刺激を与えるほうが確実でしょう。

ただ、診療科目によって除細動器がない病院もありますし、医師がすぐに駆けつけられるとも限りません。やはり、病院にもAEDは必要です。医療に携わる機関だからこそAEDの導入は、他機関よりも進んでいる印象もあります。

進むAEDの設置

歯科クリニックなどにもAED設置は進んでおり、それぞれの地域の歯科医で構成する歯科医師会ごとに、すべての歯科医でAEDを導入している例もあります。

歯科医を訪れるだけで緊張し、脈が速くなったり血圧が上がってしまう患者も珍しくありません。つまり通常の状態よりも心臓疾患を起こす可能性は高く、そのような考えからも歯科医では導入が進んでいるようです。

設置されているタイプの一例としては、以下があります。

やはり持ち運びがしやすく、メンテナンスが簡単な機種に人気があります。常備しておく必要があることから、リースやレンタルではなく、購入するところが多いようです。

医療機関での救命事例

医療機関によるAEDの救命事例は、あまり多くはありません。医師がいる病院では医師によって救命されることが多いからです。歯科医での事例には以下がありました。

  • 歯科クリニックで50代の男性患者が受付で倒れて心肺停止したところ、歯科医師がAEDを使用し、呼吸が再開した。

この患者さんは診察中に発作を起こしたわけではありませんが、歯科医にAEDの設置があったおかげで危機を乗り越えることができました。

歯科医院は、いまやコンビニと同じくらい多いと言われています。コンビニなどと同様に歯科医のAEDの設置は、付近を通行する人にもわかるように掲示されていく予定です。

そのため、通行中に発作を起こした場合でも、持ち運びの簡単なAEDを歯科医で借りて救命することも可能となるでしょう。 

このサイトについて
AEDマーク

日本では、年間6万人もの方が病院外で心臓突然死に陥っています。救急車の平均到着時間は8分後。しかし、救命処置が1分遅れるごとに死亡率は10%も高くなってしまうのです。
このサイトは、命を救うAEDについて、価格をはじめ、販売会社や導入事例など、いま役に立つ情報をまとめました。

カテゴリー