販売会社で価格はどう違う?AED設置のための手引き書

ヘッダー画像

かかる費用相場と内訳

AEDを導入する際、どのぐらいの費用がかかるのでしょうか。このページでは本体価格のほかにパットなどの消耗品費用について、また自治体による補助金(助成金)についても説明します。

AEDの価格は?

AEDを導入するときに、もっとも気になるのはその価格でしょう。AEDの価格は、購入する場合はメーカーや機種によって差が生じてきますが、最近では30万以下の製品も増えてきている反面、製品によっては70万円前後のものもあります。

レンタルも利用できます。レンタルの場合はレンタル期間によって価格が異なります。例えば1日だけのレンタルであれば月額7,000円程度から。5年間のレンタルであれば、毎月5,000円~6,500円程度と短期よりは安くなります。常備しておきたいのか、短期間だけ準備しておきたいのかといった目的によって購入かレンタルかを考えればいいと思います。

  • AED本体の価格

購入…18万~40万円程度 製品によっては70万円前後のものも
レンタル…毎月5,000円~6,500円 1日のいの場合は、7,000円~

中には、利率分を含まない金額で価格表記をしている販売店もあるようですので注意が必要です。購入・レンタルをする際には、実際の価格・料金を事前にしっかりと確認しましょう。

パッドや電池などAEDの消耗品について

AED本体のほかにかかるのは「心電図測定用パッド」と「バッテリー」の2つの消耗品の費用です。これらはメンテナンスの際に交換されます。

パッドは小児用と大人用があります。使い捨てですが、使用しなくても使用期限があるため、定期的に交換する必要があります。多くは2年に1回、交換されています。

またバッテリーは1年半~5年程度持つようですが、こちらも一般的には2年に1回程度交換されることが多いようです。

その他、AEDの使い方を学んでもらうために講習費用がかかる場合があります。

  • AED付属品(消耗品)の価格

電極パッド…1組2万円前後~(未使用時も2年ごとに交換が必要)
バッテリー…3万円前後~4万円(4年ごとに交換)

AEDの補助金(助成金)とは

AEDは、現在では公営の施設や学校、駅など、人が集う様々な場所に設置されるようになりました。自治体によっては、設置の際の補助金を交付しています。自治体の出す条件を満たす必要がありますが、申請が通れば補助金を受けられます。
例えば大田区の場合を見てみましょう。

  • AED設置の助成金 東京都大田区の場合

大田区のウェブサイトには「区民が参加し、又は主催する各種行事において、参加者等が心停止状態に陥ったときの救命活動に備えるために、主催する団体がAEDをレンタルする場合、大田区がそのレンタル費用の一部を助成します」とあります。
助成の対象は住民や在勤者で、その他にもいくつかの条件がありますが、助成額は全体の費用の9割にもおよびます。

各自治体によって助成額や条件は異なりますが、ぜひ一度都道府県や市区町村等の条件をチェックしてみましょう。

このサイトについて
AEDマーク

日本では、年間6万人もの方が病院外で心臓突然死に陥っています。救急車の平均到着時間は8分後。しかし、救命処置が1分遅れるごとに死亡率は10%も高くなってしまうのです。
このサイトは、命を救うAEDについて、価格をはじめ、販売会社や導入事例など、いま役に立つ情報をまとめました。

カテゴリー